クラウドファンディングの種類とその特徴まとめ

クラウドファンディングの種類とその特徴まとめ

 

クラウドファンディングは国内でも少しずつ知られるようになってきましたが、まだ十分とは言えません。

 

実はクラウドファンディングと言っても細かく分けて5種類あるので、それぞれの特徴についてご紹介します。

 

クラウドファンディングの種類

 

クラウドファンディングには、『寄付型』・『購入型』・『融資型』・『ファンド型』・『株式型』の5種類あります。

 

寄付型のクラウドファンディング

 

名前の通り、寄付するタイプのクラウドファンディングです。

 

特徴としては、通常の寄付と違って出資したお金がどのように使われるのかなどが具体的で、その後の進捗についても確認できるといったことが挙げられます。

 

プロジェクトは様々ですが、震災などによる被災地の支援であったり、発展途上国の支援などが一般的な対象です。

 

なお、通常の寄付と違って寄付控除が受けられないケースも多いので、その点は注意して事前に確認しておく必要があります。

 

購入型のクラウドファンディング

 

購入型は、金銭的リターンではなくサービスや物を出資額に応じて受け取れるものです。

 

出資したお金については返ってきませんし、金銭的リターンを受けることもできません。プロジェクト自体が目標金額に達しなかった場合は返金されますが。

 

プロジェクトには漫画であったり映画、食べ物やスポーツなど様々なものがあり、支援したいと思ったものがあれば出資してみるのもいいでしょう。

 

なお、このタイプのクラウドファンディングはどちらかと言えば寄付型に近いですね。必ずしも出資した金額通り、もしくはそれ以上のリターンが得られるというわけではないということです。

 

融資型のクラウドファンディング

 

融資型は、ソーシャルレンディングといった別名もあります。国内で最も普及しているものでもあるんですよ、

 

⇒ クラウドファンディングの市場規模と個人的見通し

 

出資先の事業・会社・人の情報について詳しく知ることはできないため、このサービスを提供している業者に出資先の精査をゆだねることになる点は利用する前に理解しておきましょう。

 

リターンとしては金銭的見返りがありますが、場合によっては元金を損なうといったリスクもある点には注意が必要です。

 

ファンド型のクラウドファンディング

 

ファンド型の場合は、特定の事業に対して出資します。基本的にはどういった事業者に出資するのかわかるため、事前に自分でも細かく調査しておくのがいいでしょう。

 

リターンとしては金銭的見返りのほか、その事業で生産されたものやサービスを受け取れるものもあるんですよ。こちらについても、場合によっては元金が毀損する可能性があるので、注意してください。

 

株式型のクラウドファンディング

 

株式型は最近解禁されたタイプのもので、まだ一般的にはなっていません。

 

どういったものかというと、未上場の株式に投資するというものです。通常の株式投資よりも難易度は上がるので、熟練した投資家など出ない限り手出しは今のところ不要な投資対象だと思います。

 

⇒ 各クラウドファンディングのメリット・デメリットについて詳しくはこちら


当サイトおすすめのソーシャルレンディングサイト

気軽に始めやすい『クラウドバンク』




証券会社が運営するソーシャルレンディングサービス

1万円からの運用が可能

⇒ 新しい投資のカタチ クラウドバンク

 

老舗の『maneo(マネオ)』




2008年からサービスを提供している老舗

業界シェアNO1で豊富な取引実績あり

⇒ ソーシャルレンディング maneo

関連ページ

クラウドファンディングのメリット・デメリット(リスク)
クラウドファンディングのメリット・デメリット(リスク)
クラウドファンディングは利回りが魅力的だけど実際のところどうよ?という話
クラウドファンディングは利回りが魅力的だけど実際のところどうよ?という話
国内のクラウドファンディングサイトの比較・まとめ
国内のクラウドファンディングサイトの比較・まとめ
クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の税金・確定申告について解説
クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の税金・確定申告について解説