クラウドファンディングは利回りが魅力的だけど実際のところどうよ?という話

クラウドファンディングは利回りが魅力的だけど実際のところどうよ?という話

 

クラウドファンディング、その中でも融資型といわれるもの(別名、ソーシャルレンディング)の利回りの高さは注目の的となっています。

 

利回りは年率換算で数%から10%を超えるものもあるんですよね。リスクなどが違いますから同じステージで語るのは不適当ですが、銀行預金や国債、株式の配当と比べて魅力的だといえるでしょう。

 

そんなクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)ですが、利回りが魅力的で検討してはいるけど実際のところはどうなのさ?

 

と思っている人もいるでしょう。利回りが高いと言うことは、何か要因があるわけですからね。

 

⇒ ソーシャルレンディングのメリット・デメリット(リスク)

 

リスク商品なので元本を割り込むことがあります

 

利回りが注目される商品というのは、ぶっちゃけ元金保証のような印象を持ちがちです。

 

ソーシャルレンディングの場合は、簡単に言うと一定期間お金を融資して元金とその利息をもらう、という設計なので特にそういったイメージを持ってしまうでしょう。

 

ですが、リスク商品であることに変わりはなく、元本を割り込む(損失が出る)ことも十分考えられます。

 

どういったときに元本を割り込むの?

 

融資した先が資金難に陥り、お金が返せなくなったときなどに元本が毀損する恐れがあります。

 

ただ、そういった事態を避けるためにソーシャルレンディングサービスを提供している会社は融資先をしっかりチェックしたり、代表者保証や担保を設定してはいるんですよね。

 

なのである程度のセーフティーネットはある、と考えていいでしょう。

 

詐欺と言うことはあり得るの?

 

利回りのいい投資商品と詐欺は切っても切り離せない関係ではあります。

 

よく、高利回りをうたった投資勧誘が詐欺だった、という話も出てますよね。なので、ソーシャルレンディングも詐欺ではないのか?と疑う気持ちが出てくるのもわかります。

 

では実際どうなのかというと、現状を考えると詐欺ではないといえるでしょう。基本的に、サービス会社は第二種金融商品取引業者登録と貸金業者登録を行うことになっています。

 

もちろん、絶対に詐欺はないのかというと、そう言い切れはしませんが(某大手銀行で投資詐欺をやった行員がいたりしましたよね)。

 

その点で、しっかりとサービス会社のことを調べ、業界でも知名度のあるところを選んでおけばある程度安心ではあるのかなと思います。

 

少額から試してみるのがおすすめ

 

利回りがいいからと言っていきなり数十万円、数百万円で始めるのはあまりおすすめできません。

 

何でもそうですけど、まだよくわからない・初心者レベルであれば小さい金額から始めることをおすすめします。


当サイトおすすめのソーシャルレンディングサイト

気軽に始めやすい『クラウドバンク』




証券会社が運営するソーシャルレンディングサービス

1万円からの運用が可能

⇒ 新しい投資のカタチ クラウドバンク

 

老舗の『maneo(マネオ)』




2008年からサービスを提供している老舗

業界シェアNO1で豊富な取引実績あり

⇒ ソーシャルレンディング maneo

関連ページ

ソーシャルレンディング・クラウドファンディングのメリット・デメリット(リスク)
ソーシャルレンディング・クラウドファンディングのメリット・デメリット(リスク)
クラウドファンディングの種類とその特徴まとめ
クラウドファンディングの種類とその特徴まとめ
国内のクラウドファンディングサイトの比較・まとめ
国内のクラウドファンディングサイトの比較・まとめ
クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の税金・確定申告について解説
クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の税金・確定申告について解説