早期リタイア(アーリーリタイア)で大切な資金計画の話

早期リタイア(アーリーリタイア)で大切な資金計画の話

 

早期リタイア(アーリーリタイア)するに当たり、資金計画をしっかりと立てる必要があるのは言うまでもないでしょう。

 

資金計画はいわば道しるべであり、資金計画なしに早期リタイアすると言うことは地図を持たずに荒波を航海するようなものです。

 

早期リタイアがゴールであればいいんですが、人生はその後も続きますからね。早期リタイア後の生活を思い切り楽しむためにも、念入りな資金計画が必要になります。

 

まずはじめにやるべきこと

 

資金計画を立てるためには、現状の把握と将来の展望が必要です。

 

現状の把握

 

現在、収入がどれくらいあって支出はどれくらいか、資産内容はどうなっているのかと言った基本的なデータをエクセルなどでまとめてみましょう。

 

現状がわかっていないと今後どうしていけばいいのか、計画を立てにくくなってしまいます。

 

将来の展望

 

何歳で早期リタイアしたいのか、どういった生活を求めていくのか、など将来の展望を明確にすることも必要です。

 

ただなんとなく早期リタイアしたいというレベルでは、なかなか行動に移せないですからね。

 

早期リタイアの資金計画の立て方

 

資金計画は、ライフプラン表の作成により完了します。

 

 

早期リタイア後の収入計画

 

早期リタイアした後は、収入が0円となります。ただし、退職金であったり国民年金(+厚生年金)や国民年金基金、企業年金、確定拠出年金、個人年金等の収入はありますよね。

 

なので、その収入は計画にしっかりと組み込みましょう。ただし、その場合は本当にその金額がもらえるのか精査するとともに、減額やもらえないパターンも考えておくといいでしょう。

 

悲観的なパターンも想定することで、その場合も生活可能かなどがわかり安心感が高まります。

 

早期リタイア後の支出計画

 

早期リタイアした後の生活費の想定も、しっかりとやっておきたいところです。

 

これについても、たとえば年2回旅行に行くパターンやどこにも行かずぎりぎりの生活をした場合はどうなるのか、など裕福なパターンと悲観的なパターンを用意しておけば安心感が高まります。

 

なお、計算するに当たりインフレ率も考慮しておいた方がいいですね。現状なかなかインフレになってはいませんが、これから先もそうとは限りません。


当サイトおすすめのソーシャルレンディングサイト

気軽に始めやすい『クラウドバンク』




証券会社が運営するソーシャルレンディングサービス

1万円からの運用が可能

⇒ 新しい投資のカタチ クラウドバンク

 

老舗の『maneo(マネオ)』




2008年からサービスを提供している老舗

業界シェアNO1で豊富な取引実績あり

⇒ ソーシャルレンディング maneo

関連ページ

クラウドファンディングの市場規模と個人的見通し
クラウドファンディングの市場規模と個人的見通し
クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)で配当金生活(分配金生活)は可能か検証
クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)で配当金生活(分配金生活)は可能か検証
配当金生活(分配金生活)を送るために必要なこと
配当金生活(分配金生活)を送るために必要なこと
インカムゲインから見た各金融商品【まとめ】
インカムゲインから見た各金融商品【まとめ】
アーリーリタイア(早期リタイア)についての考察【完全版】
アーリーリタイア(早期リタイア)についての考察【完全版】
不労所得の種類やその作り方を解説
不労所得の種類やその作り方を解説